不動産の特徴

不動産の特徴

不動産の特徴 不動産の特徴としては資産として所有でき、一般的に物を購入しても消耗してしまうところ、土地や建物はその所有の状態、市場の状況によっては価格が上昇することもあるので有利に持つことができます。
近年はバブル崩壊後下落の一途をたどっていた不動産もここ数年は底を打った傾向があり、今後は多少なりも上昇する兆しがあり、いま購入しておけば将来の資産として活用が十分に見込まれます。
しかしこの不動産にはデメリットがあります。
それは取得に掛かる費用が他の資産になる貴金属や株などと比べて高いものになることがあり、その売買における諸経費もばかにならないです。
また簡単に取引をできるものでないためにどうしても専門家のアドバイスが必要です。
そして維持費用も掛かりますが、これらのリスクを踏まえても不動産をビルやマンションにして投資として行うには極めて永続的で有効な手段であり、株や先物と比較して突発的な大幅下落が少ない安定資産であるともいえます。

不動産の内見時のチェックポイント

不動産の内見時のチェックポイント 気に入った不動産がある場合には間取り図だけで確認するだけでなく、実際に足を運んで内覧する事で間取り図からは情報が得られない部分も得る事ができる為、行った方が後悔が少ないでしょう。
不動産の内見時のチェックポイントはそこで暮らしていく為に必要な使い勝手はもちろん、日の入り方や騒音面、周辺環境の様子も確認しておきたい所でしょう。
「南向き物件」と記されていても階数や目の前の状況によっては高層マンションやビルがある場合には日の入り具合が大きく左右される事もあるでしょう。
またドアの開閉や収納スペースなども見ておきたいところです。
その上で必要な家財道具を買い足しする必要があるのかもおおよその判断が出来るでしょう。
この他にも上下左右の生活音等がどのくらい影響するかなども確認しておいたり、共用部の様子を見て綺麗にされているのであれば清掃業者が定期的に清掃に入っている事を示しますし、住民のマナーも良いという事が解るでしょう。

新着情報

◎2017/10/18

シニアライフに向けた不動産
の情報を更新しました。

◎2017/8/30

鑑定士の資格取得の方法
の情報を更新しました。

◎2017/6/21

不動産価値査定の手法
の情報を更新しました。

◎2017/4/26

古民家の改造というニーズ
の情報を更新しました。

◎2017/2/7

不動産の修繕特約とは
の情報を更新しました。

「不動産 内見」
に関連するツイート
Twitter

不動産屋のにーちゃん内見で2時間くらい引きずり倒すことになりそうすまんな、ワガママで

Twitter asrimxisis 手当マミ

返信 リツイート 33分前

... ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 【リアル脱出ゲーム!?】都内高級高層タワーマンションを内見してみたら…そこはまるでラビリンス!?天才てれびくん[元・てれび戦士]山ちゃんと愉快な仲間達がお届けする不動産内見してみたシリーズ第一弾♪ ↓動画はコチラ↓ youtu.be/pbMGsWgFhfE ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ また、バンズちゃんねるでは様々なリクエストを受け付けています!! どんなリクエストでも構いません...

返信先:@megane_3852 不動産の人は「鉄筋コンクリートのポテンシャルは高いけど、壁の中の材質の方が影響する」って言ってた~ うちは鉄骨...鉄筋は高くてのう...。 内見のとき壁叩けっていうけど、遠慮しちゃうよねー!笑

Twitter kokekol えりまき トカゲ

返信 リツイート 8:26

...その後空室が埋まらない。 ●空室に入居申込みがないまま 管理会社任せの空室対策ではなかったか? ●不動産投資のノウハウあるから 賃貸管理や入居付けの秘訣をプロから学びたい。 ●満室経営できれば 次回の...や ライフスタイルをイメージできる ステージングやリフォームの重要さに気がつきました。 3年以上空室4室を放置した2DK物件(家賃5万以下)の満室御礼を実現させることができたのです...

Facebook 山岸加奈

7:50

盛りだくさんな1日が終了。物件内見→カフェ朝食→帰宅→銀行→不動産屋さん→帰宅(この時点でまだ12時前)→学校→パン屋さん→家の鍵が壊されている…。→お腹すいた(23時)→これから宿題

Twitter mikinbarca miki nakamori

返信 リツイート 7:14

#同居嫁 さーて、私の方は昔勤めていた店に来年早々にパート復帰を取り付けた。後は不動産屋に内見の申し込み!と思って旦那に話したらなんとなし嫌そう。なんなんだ?物件見つけたのお前だろ?こういう態度されるからイマイチ信用出来ない。

実際内見に連れてってくれる不動産屋の人がめちゃくちゃ親身な良い人で、「家賃は五万円台で街にチャリで行けて、洗濯機置き場室内で日当たりがよくて7畳くらいある日当たりが良い部屋」って言ったら物凄い調べてくれ、まだ情報公開前の空いたばっかの部屋出してくれたので

で、思ったのは5年以内にはAmazonが不動産取り扱うようになるんじゃないかと。内見はパノラマ撮影にしといてどうしてもこの目で見たいって人にはスマートロックで勝手に一人で見に行ってもらう。仲介手数料無くしたら既存の不動産屋つぶれるで。

近々引っ越そうと思ってて毎日毎日不動産サイト見て休みの日に内見しまくってたらどの物件がどうかってもうわけわからんようになってきた

今日物件の内見行ったんだけど不動産屋と恋バナで大盛り上がりしたことしか記憶に残ってない